« 南紀の夏休み(4) | トップページ | 南紀の夏休み(6) »

2007年8月26日 (日曜日)

南紀の夏休み(5)

消えていく夕日
........................................................................................................
Img_8400bl8

.......................................................................................................
Img_8405bl8
...........................................................................................................

撮影日時 2007.8
EOS 20D・TAMRON AF 28-300mm
........................................................................................................
水平線に近づくにつれ、下層に漂うの水蒸気の影響か、太陽の下方側から光が消えていく。こんな太陽はじめて見たな。
そんな理由で、この日、円月島の穴にはどうやら太陽が現れてくれなかったらしい。
........................................................................................................

|

« 南紀の夏休み(4) | トップページ | 南紀の夏休み(6) »

光の風景」カテゴリの記事

夕刻・夜・早朝の風景」カテゴリの記事

水の風景」カテゴリの記事

コメント

おおきな 夕陽ですね。
わたしは いつも こんな夕陽を見ていますが、
夏は 途中で消えていくこと多いですね^^;

下の 海の写真 凄い迫力ですね!

投稿: みのりん | 2007年8月26日 (日曜日) 18時27分

みのりんさんへ。
金沢は、海に太陽が沈むんですよね。しかし、いつも見れるとは何ともうらやましい。
下の円月島の写真は、海岸の道路沿いで100人以上の人が一緒に鑑賞していました。白浜の名勝なんですね。

投稿: ロバート | 2007年8月26日 (日曜日) 22時25分

横縞が入った太陽。
木星を見ているような気になります。
2枚目の写真。
灯台の上に小さな明かりがともり、夕暮れがいっそう引き立っていますね。
円月島はかつて陸から見たことがあります。

投稿: ピンピンシニア | 2007年8月27日 (月曜日) 06時18分

ピンピンシニアさんへ。
まさに巨大な赤い木星のようでした。

足を伸ばすと、いろんな自然からのプレゼントをいただけるということで、30000歩はかなり厳しいですが、暑くてもジッとしてはいけませんね、頑張って外にでるぞォー、OH!

投稿: ロバート | 2007年8月27日 (月曜日) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151127/7660375

この記事へのトラックバック一覧です: 南紀の夏休み(5):

« 南紀の夏休み(4) | トップページ | 南紀の夏休み(6) »